スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーフィーの法則

私は普段、読書を全くと言っていいほどしないので、こんな記事を書くのは奇跡に近いんですが・・・。(それがPart7が弱い原因の一つかもしれません。)
この本がたまたま家にあったのでちょっと前に読みました。



読み始めたときは、まぁ怪しそうなことが書かれてるな~と半信半疑でいたんですが、読み続けているうちにどんどんはまっていって二日(私にとっては超早)で読み終えてしまいました。ものすごく端折って要点をズバッというと、『潜在意識が自分の未来の姿を形づける』というものなのですが、中でも私が一番興味を引いたのは以下のフレーズです。

”つらいだけの努力はどこか間違っている!”


大事なのは、努力がいらないわけではなく、つらい努力はいらない、ということ。これ、英語学習にもズバリ当てはまりますよね!一時期に集中してつらさも伴いながら勉強する国家試験や学校のテストとは違って、英語学習は果てしないですから、楽しくやるのが最優先事項だと思います。もしつらくなってきたら”やめる”、”やり方を変える”などの諦める意志力も長期の英語学習過程では必要になるでしょう。私自身、最近は1日平均2時間勉強できていますが、毎日必ず2時間やっているわけではありません。何らかの状況で0時間の場合も少なからずあります(サボりではないですよ)。その代わり、他の日に3~4時間するなどしてカバーしているんです。要は、出来る時にやりたいだけやる、ということです。これが「努力しているけどつらくない」、つまり長く続けていける秘訣なのでは?と自分では思ってます。

話がtoo specificになってしまいましたが・・・
この本を読んだ契機に、『TOEIC満点を当たり前に取れる英語力を身に着けた自分』を潜在意識に刷り込んでおきたいと思います(^^)


↓応援のクリックをいただけると管理人がとても喜びます。
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
スポンサーサイト

Twitter始めました!

やっとか(笑)って感じですが始めました。

もしよろしければ右サイドバーからフォローをよろしくお願いします(^o^)/

ツイッタ―=スマホという勝手な連想があって使うのを渋ってたんですが(わたくしガラケーです)、なかなかおもしろそうですね!


↓応援のクリックをいただけると管理人がとても喜びます。
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。