スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEIC戦闘力とは

フリーザ2

本当に???


TOEICでベストスコアを更新すると、すごく嬉しいですよね。私も何回も経験しています。だからTOEICはおもしろいんです。
でも、ベストを更新した後に何回も定期的に受けているとスコアが下がったりもします。そんな時はやっぱり落ち込みますよね。だって人間だもの。

IIBCでも公式に発表されていると思いますが、TOEICスコアは±25点の誤差があります。たとえば700点取ったとしても、次回650点に下がることだってあるわけです。これは逆もしかりで750点にグイッと上がる場合もあります。そんな一喜一憂をある程度客観的にコントロールしてくれるものが平均値だと思っています。

(ここからは私のようにほぼ毎回受験されている方が対象になります。)
よくTOEICkerの皆さんが『年間アベレージ』を算出されているのを見かけます。これはこれで面白いデータですし、私自身も算出して楽しんでいます。ちなみに私の場合、2014年は966点でした。(←ひくっ) 実は2013年も966点でした。(←変わってないやんw) 
ところがこの『年間アベレージ』というのは、現時点でのTOEIC戦闘力を計るにはやや難点があります。今年で言えば、2月2日正午まではスカウターに数値として表れてきません。さらに、4月6日正午までは1回分しかスコアが出てませんから、もはや平均値とは言えません。もっと言うと、(おそらく)ゴールデンウィークが明けるまでは、母数がたったの2つなので平均値としては非常に弱い気がします。個人的には母数が最低3つあれば平均値として算出するに値する気がしますがどうでしょうか。なんかゴチャゴチャほざいてますが、要はゴールデンウィーク明けまで(1年の3分の1以上)は『年間アベレージ』はあまり意味をなさないわけです。

そこで私が採用しているのが、『直近1年の平均値』です。これを算出することで365日24時間いつでも現時点でのTOEIC戦闘力を把握することが可能になります。これのおかげで私は950点前後を取っても(あまり)落ち込まず、逆に980、985のようにベストには届かなくても自分の戦闘力を上回っているスコアであれば嬉しさを感じるわけです。このように、ベストスコアは単なる参考値と見なし、『直近1年の平均値』を基準に良し悪しを計ってマインドコントロールを行っています。

というわけで、これ↓がより正しいと言えるでしょう。

フリーザ3
(2015年2月現在)

2014年1月の悪夢の910点が母数集団から消え去ってくれたおかげで、TOEIC戦闘力がグイッとあがったのはここだけの話。


↓応援のクリックをいただけると管理人がとても喜びます。
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
スポンサーサイト
コメント

私の直近1年の平均値を計算してみました。
「956」(4月は受験していないので9回の平均です。)
なんとか950は超えました(^^)
aisleさん目指してがんばろうっと。

Re: タイトルなし

> poo_sukeさん
さっそくありがとうございます!
poo_sukeさんはこれからグイグイ伸びてきそうな勢いなので、この数値を気にしながら受けるとより楽しいかもしれませんね(^^)
僕は現状維持かな・・・(←とことん甘い)

私はまだ

985ですね。ビヨンドは程遠い。
でも、990点ホルダーが溢れかえって来ているので、直近1年のスコアと言う案は良いですね。いつか、この数値を990点にしたいですね。頑張りましょう!

Re: 私はまだ

> KiYoさん
ありがとうございます!さすがおいっくちゃん(笑)
本当にその通りで、同じ990点ホルダーでも歴然とした差がありますから、「自分は全然大したことないよ」アピールという意味も含めて(それでいいのかどうかは置いておいてw)この値を出してます。
これを990に近づけるのがTOEICkerのロマンかもしれません(^^)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。