スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【澤トレ本】TOEICテスト最強攻略PART1&2(問題演習編)

前回の澤トレ本(ストラテジー編)に引き続き、今回は澤トレ本(問題演習編)のレビューです。



前回も申しました通り、澤田先生の英文選定のクオリティがここでも秀逸さを放っており、本番とほぼ同じ感覚で取り組めると思います。本当にTOEICを研究されてるなと。個人的に難易度は「普通~やや難」と感じました。やや聴き取りにくいナレーターが随所に散りばめられているのも本番にそっくり。さすがとしか言いようがないです。

そして今回、問題演習の解説を担当されたのが・・・

じゃーん
Kato Masaru<エッセンスより転載>

加藤優先生!・・・ではなくて・・・

じゃじゃーん
TEX Kato<マイナビより転載>

TEX加藤先生!・・・でもなくて・・・

どーーーーーーーん!!!
Jet Bull

そう、TOEIC加藤BIG3の精鋭の一人でいらっしゃる加藤草平先生ことJet Bullさんです!!!パチパチパチ\(^o^)/


というわけで今から真面目に書きます。
Jet Bullさんとの出会いは私がちょうどブログを始めた2014年4月でした。当時はかなりブログ散策にはまってまして、他の素晴らしいブロガーさんもたくさんいらっしゃるのですが、初めてJet Bullさんのブログを発見したとき、「あ、こんなところに財宝が眠ってる!」という凄まじい衝撃を受けました。実力もさることながら、ブログの文面がすごく分かりやすく、私は直感で「この人は絶対本を出すべき!」と常々思ってました。ですので、今回の出版はたとえ執筆協力とはいえ個人的にものすごく嬉しかったです。そして、今後も素晴らしい著書を量産し続けることになるでしょう。(←軽くプレッシャーをかけてみる)

その解説の内容ですが、予想通り安定感が半端ないです。なんというか、すごく安心して読める感じ。実力からすれば当たり前っちゃあ当たり前なんですが。そして何よりも印象深いのが、正解フレーズの解説だけではなく、他に考えられる言い回しや変化球返しなどがふんだんに盛り込まれていること。個人的イメージですが、Jet Bullさんは実際に英会話講師もされてますし、かなりネイティブ感覚に近い英語力をお持ちなので、おそらく「ネイティブだったらこう返すよな。こんなのもあり得るよな。」という思いを込めて解説を書かれたのではないかと推察します。一方で、「過去に本番でこんな変化球返しも出たよ」的なTOEICマニアにはたまらない解説も随所に見られますので、非常にバランスのとれた内容に仕上がっていると思います。

以下、個人的に特に印象に残った個々の問題について。

・Part1 TEST1 No.8
(A)~(D)を聴き終って「全部違うやん」と思って適当に(D)を塗って玉砕。おぉ~、こんな左端に乗り物が!いや、こういうの本番でもありますよ。そこ来たか!みたいな。

・Part1 TEST2 No.4
問題文聴く前に真っ先に、The woman is giving you a pretty smile. が脳内に流れました。

・Part1 TEST3 No.4
この言い回しは全然知りませんでした。すごく勉強になりました。

・Part2 TEST2 No.22
見事にリエゾンが聴き取れませんでした。音読50回させていただきました。

・Part2 TEST3 No.14
問題文聴いた瞬間、男性が暖房装置を持とうとするイメージが脳内に浮かび、見事に(B)を選ばせていただきました。

・Part2 TEST4 No.17
解説に書かれている「過去に出た超変化球的な応答」がとても好きです。

・Part2 TEST4 No.27
ブロッコリーが見事にローカリーに聴こえてしまいました。


どうですか?気になって買いたくなっちゃった人いませんか?
買っちゃいなよ。



最後に、、、
模試本も大事ですが、本著のように体系的なトレーニング方法が盛り込まれている本の方がもっと大事だと個人的には思ってました。TOEICって一種の中毒性があると思うんですよね。「スコアが上がってきたぜ!スコア!スコア!スコア!うりゃ~!模試だ~!」みたいな。いや、それはそれでいいと思うんですよ。各個人の目標・あるべき姿は人それぞれですからね。ですが、スコアと同時にきちんと英語力、ここでは「ハエを箸でつかむくらいに音を確実にキャッチしてちゃんと理解して場面がイメージできる上で解答できる力」をつけるには問題ばかり解いていてはダメだと思います。(但し、圧倒的な勉強量・模試量で英語音声に触れ合うことのできる一部の学習者は例外と考えます。) これは、模試を一回解いてたった5回くらい音読してそれを2~3回まわして終わり、みたいな甘ちゃんな取り組み方をしていた自分への自戒の意味も込めて言っています。本著で学んだ澤トレメソッドをあらゆる英語学習媒体で応用して英語学習を頑張っていこうと思います。


↓Jet Bullさんにもらったサイン(^o^)
bull sign


↓応援のクリックをいただけると管理人がとても喜びます。
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
スポンサーサイト
コメント

No title

ご紹介ありがとうございます(^^)/
というかそんな大御所二人と並べられたら、彼らのファンに闇討ちされそうです(;´・ω・)
今日から隠れてひっそりとつつましく暮らします(笑)

Re: No title

> Jet Bullさん
いやいや、またまたご謙遜を!
「ふぅ。。。そろそろ本気出すか・・・。」(-。-)y-゜゜゜って感じでドンドン攻めちゃってください(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。